ENTRY
新卒採用情報サイト RECRUITING

ROOKIES 気鋭の新人たち

日々奮闘中の新人社員たち。先輩・上司の厳しくも温かいサポートを受けながら、
目の前の仕事に全力で向き合うフレッシュな声を届けます。

夢や目標を語り合える仲間と日々、
切磋琢磨

Kodai Takatsu/ 高津 晃大

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:文学部人文学科
2015年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
仕事への理解を深めるため、一つひとつの疑問を確実に解消

営業マンから大手仕入れ先との繋ぎ役に転進、今はとにかく「勉強」の日々ですが、私が仕事をする上で大切にしていることは「復習」です。仕事中はこまめにメモを取り、時間が空いた時にはそれらのメモや使用したデータファイルなどをまとめ、後から見直しやすいように工夫しています。さまざまなデータを駆使する高度な業務に取りかかる際には、はじめにしっかりと業務内容を把握するように心がけています。分からないことがあれば自ら積極的に先輩に質問し、一つひとつの疑問を確実に解消。そうすることでミスやトラブルを未然に防ぎます。

入社前から思い描いていた、
内外を問わず活躍できる戦力を目指す

扇港産業は企業としても、また社員一人ひとりを見ても成長への意欲が高い企業だと実感しています。企業として世界のマーケットを見据えると同時に、それぞれの社員も将来のビジョンをもって働いています。社員同士で夢や目標を語り合うことも多く、それがお互いにとっての良い刺激となり、結果的に成長につながっているように思います。目標は一日でも早く、その部署を代表する重要な戦力となることです。国内海外を問わず何処でも活躍できるビジネスパーソンになりたいです。

新ビジネスを呼び込むための、
自信と知識を蓄えたい

Hirotaka Dobashi/   弘貴

所属:東京本社営業部
勤務地:東京
出身学部学科:経済学部経済学科
2015年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
自動車産業という日本有数の業界に貢献できる喜びを実感

就活の選考中、当社のさまざまな社員と話をする機会がありました。その際「こんな社会人になりたい」と思えるような、人として魅力を感じられる先輩社員にたくさん出会えたことが入社の決め手になりました。現在は自動車のワイヤーハーネスに使われている輸入部品の見積り作成や発注、納期調整などの業務に従事しています。自分の携わった部品が搭載された車種を街中やテレビで見かけた時には、「自動車産業という日本屈指の業界に貢献できている」というやりがいを実感します。

ビジネスチャンスに向け、虎視眈々と情報収集

上司や先輩などに仕事を指導してもらっている現在は、周囲の支えを心強く感じると同時に早く一人前の仕事ができるようになりたいとも思います。毎日ひとつでも多くのことを吸収するため、自分の担当業務には直接関わりのない話題であっても、率先して情報を取りに行くように心がけています。そうすることでどのようなビジネスチャンスが舞い込んできても、自信をもって対応できるような知識を蓄えておきたいです。将来的には新たなビジネスを当社にもたらすことができるような人材になりたいと思います。

自分ならではの付加価値を提供したい

Soya Watanabe/ 渡辺 壮哉

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:愛知県豊田市
出身学部学科:経済学部現代経済デザイン学科
2015年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
1年目から責任ある仕事を任せられ、やりがいを感じる日々

現在は自動車事業においてメーカーから購入した商品の価格設定や在庫管理、納品、仕様変更への対応などの幅広い業務に携わっています。時には限られた納期の中で顧客からたくさんのご依頼をいただき苦労することもありますが、1年目から責任のある仕事を任されていることに対してうれしく思います。失敗もしつつ上司やメーカーの協力を得ながら無事、顧客の要望に応えられた時には大きなやりがいが得られます。

オン・オフの切替えにも欠かせない、先輩・同僚との時間

就職先を選ぶ際、仕事の内容と共に、どんな人と仕事をするのかも大きなポイントになると思います。扇港産業には、仕事中は業務に真剣に取り組み、休日になると思いっきり楽しむというようなメリハリのある働き方をしている社員がたくさんいます。休日は先輩や同期と食事に行く機会も多く、個性あふれるメンバーと過ごすひとときは良い気分転換になりますし、思わぬ一面を見て刺激を受けることもしばしばです。魅力的な先輩たちに一日も早く追いつけるよう、まずは顧客の要望にしっかりと向き合いながら、いずれは自分ならではの付加価値を提供できる商社マンに成長したいです。

世界の顧客から必要とされる
確かな実力を習得したい

Shohei Odaka/ 小髙 翔平

所属:本社営業部
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:外国語学部スペイン語学科
2015年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
与えられる条件よりも、自分らしく働ける職場かどうかを見極めて

就職先を選ぶ際のポイントは人それぞれだと思います。給与や福利厚生といった条件面ももちろん大切ですが、私はそれ以上に「自分が挑戦したい仕事か」「自分らしく働ける職場か」を重視して就職先を検討しました。そういった点において、若いうちからチャレンジする機会を積極的に与えてくれる扇港産業は私にとって理想的な企業でした。実際に入社して間もなく、私がある案件に取り組みたいと上司に申し出たところ、その仕事がいかに難しいかを説いた上で「やってみろ」と背中を押してくれました。今は私を信じて挑戦させてくれる上司の期待に応えるためにも誠心誠意、仕事に励んでいます。

「小髙から買いたい」と言われる一人前の営業を目指して

最近では営業として新規案件の獲得にも携わるようになりました。先輩や上司にサポートしてもらいながら案件を進める中で、次にどのような情報や準備が必要か、事前に段取りができるようになってきました。目下の目標は「小髙から商品を買いたい」とお客様から言っていただけるような一人前の営業になることです。一つひとつの経験を積み重ねながら、日本のみならず世界のマーケットで必要とされる商社マンになれるよう、着実に実力を身につけていきたいと思います。

未知の国や地域で、
新事業の立ち上げにチャレンジしたい

Ko Omiya/ 大宮 広

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:大阪
出身学部学科:法学部
2015年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
「失敗するなら潔く失敗しろ」。上司の言葉が原動力に

現在は商品の見積り作成や製品仕様の問い合わせ対応などを通して、業界知識や商品知識などの基礎的な知識を養っています。入社後、間もない頃に上司から「どうせ失敗するなら潔く失敗しろ」と言われた時は、驚いたのと同時に経験がない中でも仕事に飛び込んでいく勇気をもらいました。実際、当社では若手社員でも意見を述べやすく、やる気さえあればどんどん成長の機会を与えてもらえます。こうした環境は、仕事をする上での大きなモチベーションにも繋がっています。

常に自分の意志と判断をもって仕事に向き合う

どんな些細なことでも、常に自分の意志をもって仕事に取り組むように心がけています。メーカーとエンドユーザーをつなぐことは、商社としてのひとつの役割ですが、当事者の要望をただ伝達しているだけでは存在意義が見出せません。トラブルが発生した際も、上司に「どうすればいいですか」と尋ねるのではなく「こうしようと思いますが、いかがでしょうか」と自分なりの判断を踏まえた上で、より良いアドバイスをもらうようにしています。そうした一つひとつの経験を通して、若いうちにできるだけ幅広い知識と経験を蓄え、将来は当社がまだ進出していない国や地域で事務所の立ち上げに挑戦してみたいと思います。

地道に自分の幅を広げながら、
顧客・社内から信頼される営業に

Hosei Tomita/ 富田 方生

所属:東京本社営業部
勤務地:東京
出身学部学科:経済学部
2016年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
試行錯誤しながら、自分にできることを追求

四日市から東京に異動し、現在は東京本社営業部で上司・先輩のサポートを得ながら、重要顧客からの相談事の解決や、海外サプライヤーからの輸入製品の納期調整などの業務に携わっています。顧客とメーカー、双方のバランスをとりながら、関わった全ての方に喜んで頂ける結果を導き出せた時には、大きな達成感が得られます。今はまだ試行錯誤の毎日ですが、先輩から色々なノウハウを吸収しながら、自分にできることを追求し、少しでも営業としての幅を広げていきたいです。

やる気はもちろん、力量の見極めも重要

この仕事をする上で大切なことは、自分の力量をきちんと見極め、必要な場合には周囲を巻き込むことです。私の場合、経験が浅いにもかかわらず何でも「自分でやりたい」という気持ちが強すぎ、以前、顧客からの依頼事項の解決に当たった際、多方面にわたるタスクをひとりで請け負ったものの、想像以上の時間を要し、ギリギリのタイミングで周囲に助けてもらったことがありました。この時の反省を活かし、それ以降は上司・先輩への「報告・連絡・相談(ホウレンソウ)」を徹底し、周囲と協調しながら適切なスケジュール管理の中で案件を進めるようにしています。
将来的にはどこの拠点に行っても「富田に任せれば大丈夫」と、顧客はもちろん、社内からも信頼されるような一人前の営業になれるよう、今後も成長していきたいです。

会社の看板を背負う責任と誇りを胸に
経験値を上げていきたい

Ippei Takahashi/ 高橋 一平

所属:本社営業部
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:経済学部経済学科
2017年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
“聞き上手”であることの大切さを実感

私は営業担当として顧客の最新の需要動向やサプライヤーの生産状況に目を配り、商品が遅延や問題なく納入されるよう日々業務に取り組んでいます。普段から心掛けていることは、しっかりと顧客の声に耳を傾けるということです。営業マンというと“話が上手い”というイメージを抱いていましたが、実際に働く中で何より重要なのは、相手の話を上手に聞き出して情報をつかむことだと実感します。常に顧客の言葉を真摯に受け止めながら、少しでも多くの旬な情報を得られるように努めています。

風通しの良い環境の中、知識や経験を積み、頼られる人材に

入社後半年が経った頃から、先輩から独り立ちをして本格的に顧客を担当するようになりました。やりがいを感じる反面、一義的に責任を負うのは自分であるという緊張感から仕事に対する姿勢が変わりました。新入社員であろうと顧客から見たら扇港産業の“顔”です。そこに責任と誇りをもって、仕事に取り組んでいます。扇港産業には個人の希望や考えが上層部にも伝わりやすく、やる気さえあればどんどん意見を発信できる風通しの良い環境があります。恵まれた環境の中でたくさんの知識や経験を身につけ、将来的には社内外から「とりあえず髙橋に相談しよう」と頼られる人材になりたいです。

パッション、ユーモア、
高いモチベーションに囲まれた環境

Kosaku Tsubata/ 津端 晃作

所属:本社営業部
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:人文学部現代社会課程
2017年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
顧客とサプライヤー、ものづくりのプロ達を繋ぐ架け橋に

現在は本社営業部で商品の見積作成や納期の調整、様々なニーズへの対応・折衝などを行っています。顧客からの要望に迅速に応えるため、直接足を運ぶことに加え、電話やメールによる細やかな連絡を組み合わせて、調整が円滑に進むよう心がけています。また納期や発注数量の折衝の際には、サプライヤーに対して無理な要求をせずに済むよう、先を読んだ行動や判断をするよう心掛けています。顧客もサプライヤーもものづくりのプロ達です。両者を繋ぐ仕事ができることに大きなやりがいを感じると同時に、間に立つ私が少しでも足を引っ張らずに貢献できるように、常に学ぶ姿勢を大切にしています。

新事業の立ち上げなど、0から1を生み出せる人間に

私が扇港産業に入社したきっかけは、学生時代に説明会に参加した際、社員の熱いパッションと場を和ませるユーモア、高いモチベーションに惹かれ、「こんな社会人になりたい」と思ったからです。入社した今でもその時の印象は変わりません。決して現状に満足せず、常に改善点や新たなビジネスを貪欲に追求している先輩たちの明るく前向きな姿勢から、多くのことを学んでいます。そうした先輩たちと共に働きながら、将来的には新しい営業所の立ち上げや新事業の開拓など、0から1を生み出せる人間になることが目標です。

魅力的な先輩たちの背中を追いながら
“熱”と誇りをもって成長したい

Yuki Nagahama/ 長濱 悠輝

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:外国語学部
2017年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
顔が見えない顧客に対し、コミュニケーションを工夫

私はベトナムにある顧客への輸出や納期調整、ベトナムの保税倉庫における在庫の管理など、商品の海外向け販売に関わる業務に携わっています。海外顧客とのやりとりは電話やメールが基本になるため、時にはリアリティが感じられず、案件への対応が遅くなってしまう可能性もあります。顧客の顔や感情が見えない分、仕事の進め方やスピード感が適切かどうかをその都度自問自答し、相手のニーズを的確に読み取り、自分が相手に伝えたい内容をいかに簡潔かつ明瞭に伝えるかを意識しながら日々業務を遂行しています。

商社マンに不可欠な “人間力”を鍛えることが目標

扇港産業は少数精鋭でビジネスを展開しているため、一人ひとりの力量がものを言い、若いうちから成長できる環境があります。先輩たちはみんな“熱さ”と誇りをもって仕事に取り組んでおり、部署に関係なく人としての魅力を感じられる社員ばかりです。そんな尊敬できる先輩たちから業務面での知識やスキルはもちろん、商社マンにとって不可欠な“人間力”も学びながら日々成長していきたいです。そしてゆくゆくは自分も、後輩に“熱さ”を伝承できる魅力ある先輩になりたいと思います。

自ら考え、行動していく中で
自分にしかできない強みを生み出す

Shohei Yoshida/ 吉田 昌平

所属:管理部品質グループ
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:社会学部社会学科
2017年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
常に相手の立場で考えながら、信頼関係を構築

主な仕事は、当社が取り扱う商品の品質問題への対応です。自動車の電装品に使われる樹脂性コネクタの成型が不十分である、或いは絶縁テープの粘着力が弱いなど、品質に関するクレームの内容は様々です。安全や性能に関わる重要な案件にスピーディに対応し、得意先の生産計画への悪影響を防ぐことで営業スタッフをサポートしています。サプライヤーは海外メーカーが多く、時差をはじめ文化や言語の違いなどからコミュニケーションの難しさを感じることもありますが、たとえばメールひとつをとっても「どういう内容なら相手が返信しやすいか」「どんな情報を盛り込めば、問題がより分かりやすくなるか」など、常に相手の立場に立って考えながら、サプライヤーや顧客との信頼関係の構築を目指しています。

自信を培いながら、世界で通用する人材に

この仕事のやりがいは、得意先とサプライヤーの間に立ち、自分の会社だけでなく双方の利益も考えながら業務に取り組まねばならない点です。当社では新入社員であってもそうした重要な仕事を任せてもらえるため、自ら考えチャレンジできる機会に恵まれていると感じます。そうした経験の中から自分にしかできない強みを見つけ、自信を培いながら、将来的には海外拠点で活躍したいです。その一歩として社内のTOEIC制度を活用し、語学の勉強に励んでいます。すでに入社前から100点近くスコアを伸ばしました。今後も継続的に学びながら、世界の様々な顧客を相手にビジネスを展開できる人材を目指します。

適切な商品流動を地道に支え、
商社ならではの付加価値を提供する

Kazuya Kuga/久我 和也

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:教育学部
2018年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
会社全体で連携し、課題やトラブルに対応

当社の中核業務の一つである、大手自動車部品メーカーの代理店業務を担当しています。お客様の現在から近将来に関する需要動向を把握し、円滑に製品供給が出来るようメーカーに生産の発注をするのが私の仕事です。生産着手から納入までをイメージし、適切な製品流動を支えられるよう意識しています。非常に地道な作業ですが、小さな油断が円滑な供給を妨げることもあるため、本当に気が抜けません。仕事を通してやりがいを感じるのは、お客様からの緊急の注文に対して会社全体で連携し、希望納期に商品を届けることができた時です。扇港産業は大きな企業ではありませんが、だからこそ課題やトラブルを瞬時に共有し、会社全体で対処できる風土と力量があります。そこが入社して初めて実感した当社の魅力です。

ビジネス全体をマネジメントできる対応力を身に付けたい

自ら商品の製造を行うわけではなく、特定の製品を持たない商社が提供できるものは、なんと言っても人による「付加価値」だと思います。扇港産業がいるからこそ、ビジネスがスムーズになる。そう感じていただけるよう尽力しています。商品を発注する際、お客様からの注文の数量変化や傾向を分析し、その中で気になる変化があればお客様と会話を重ねて、ビジネスが効率的に進むように知恵を絞る。幅広い視点・知識を持ち、今後の経験の中で自分だからこそできる仕事力や柔軟な対応力を築き上げたいと思います。

自分を成長させるため、
仕事に「前のめり」に向き合う

Ryo Inagaki/稲垣 遼

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:法学部
2018年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
「貿易とは?」「輸出とは?」 商社業務の基本を学ぶ

扇港産業に入社した理由は、若手のうちから求められるレベルが高く、スキルや知識を向上させられる環境に魅力を感じたからです。海外駐在のチャンスも多く、他の会社の同年代の社会人と比べて速いスピードで成長できると感じました。私が現在携わっているのは、中国の顧客への輸出や納期調整といった、デリバリー業務です。メーカーへの発注や輸出書類の作成、船舶の手配など一連の流れをすべて担当し、「貿易とは?」「輸出とは?」という商社の仕事の基本を学んでいます。

新入社員でも責任ある仕事ができる

中国向けのデリバリー業務を前任者から引き継いだ時には、正直今までの人生で一番の難しさを感じました。理解できないことも多く、結果的にミスに繋げてしまいましたが、そこからのリカバリーも含めて真摯に確実に取り組みました。新入社員であっても責任感を持って仕事をしなければならないことを、改めて実感した出来事です。次のステップとして目指しているのは、営業の仕事に携わり、海外駐在員になること。語学はもちろん、会計・ファイナンスやプログラミングなどの周辺知識を身につけ、いろいろなことに「前のめり」に向き合っていきたいと思います。

時代の流れを先読みして、
時に泥臭く結果を求める

Shogo Tani/谷 将伍

所属:GABU(Global Automotive Business Unit)
勤務地:三重県四日市市
出身学部学科:経営学部
2018年入社

ROOKIES 01
ROOKIES 01
がむしゃらにぶつかっていく会社

会社説明会に参加した時、扇港産業で行われているプロジェクトや働いている人の魅力を感じ、圧倒された記憶があります。仕事にがむしゃらにぶつかっていく会社だというイメージを持ちました。そして入社後の今感じているのは、時代の流れを読み、常に先回りして結果を求め続ける社風です。決してスマートなだけではなく、泥臭い方法も厭わずに顧客にとっての付加価値を生み出し、自らのメリットも追及していく。そんなところに魅力を感じています。この環境の中で自分を磨き、一つひとつ結果を残して、海外に挑戦するチャンスを勝ち取りたいと思います。

「当たり前」に染まらず、考える努力を怠らない

現在、ベトナムの顧客向けの輸出業務に携わっています。海外の保税倉庫での在庫の把握や納期調整などを行い、何百種類もの製品が滞りなく顧客に納められるように管理するのが私の役割です。仕事におけるこだわりは、目の前の条件や環境を「当たり前」として考えないこと。会社や先輩にとっては「当たり前」のことでも、自分自身でかみ砕くことが大切だと考えています。仕事ですから疑問点や不明点を先輩方に質問して直ちに解決するのも大切ですが、自分で考え、自分なりの答えを持つ努力を怠らないことが、将来海外で勤務するときの、自分への大きな支えになると感じています。

ページトップへ